2016 か行 邦画

映画【クリーピー/偽りの隣人】のフル動画を無料視聴!スマホで配信ダウンロード!

この記事は約9分で読めます。
映画【クリーピー 偽りの隣人】のフル動画を無料視聴!スマホで配信ダウンロード!

名匠・黒沢清が放つ衝撃のサスペンス!西島秀俊、香川照之ら実力派が集結し話題となった作品といえば映画【クリーピー 偽りの隣人】ですよね!

今日は映画【クリーピー】無料で見る方法について調べてみました!

結論からいうと、映画【クリーピー】を無料で視聴するなら公式動画配信サイトU-NEXTがベストの選択でした!
本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイト他各動画配信サイトにてご確認ください。

無料トライアルがある動画配信サイト【U-NEXT】に登録すれば、

今すぐ無料で映画【クリーピー】を見ることができるよ〜

映画【クリーピー 偽りの隣人】を無料で観られるU-NEXTって何?

 

映画【クリーピー】が無料で観られるU-NEXTってどんなサイト?

アヤしくないの?

まぁ、わかるけどね・・・。

じゃあ、U-NEXTについてもう少し詳しく説明イタシマショ〜!

U-NEXTで配信中の作品

映画【クリーピー】は見放題無料の作品なので、登録でもらえる円分のポイントは他の作品を見るのに使えます

U-NEXTの無料トライアルを体験済みの場合

 

すでにU-NEXTの無料トライアルを利用済みで、どうしても映画【クリーピー】を無料で観たいという人にも、別の動画配信サービスの無料トライアルっていう手段が残されている可能性があります!

早速、映画【クリーピー】がどのサイトで配信されているか観てみよう!

△ = 有料配信 × = 配信なし
サービス名配信状況お試し期間
U-NEXT
Hulu
TELASA
Paravi×
FODプレミアム
Abemaプレミアム×
amazonプライム
dTV
TSUTAYA TV
TSUTAYA DISCAS

※2020年9月調べ 最新情報は各動画配信サイトでご確認ください。

 

U-NEXT以外でもその他のサービスを利用すれば映画【クリーピー】を今すぐ見られるよ!

無料トライアル期間が終わると、自動更新されて有料での利用がスタートします。
もしも無料期間だけで解約するときはお試し期間中に解約するのをお忘れなく!

映画【クリーピー 偽りの隣人】は動画アップロードサイトで見れない?

動画といえば、動画アップロードサイトをイメージするかも知れませんが、テレビ、映画などの映像作品は公式サイトを利用しないと罪に問われる危険性がありますから、注意です!

 

違法にアップされた動画をダウンロードしても刑罰の対象になります。

 

違法アップロードサイトでは詐欺被害やコンピューターウイルス感染被害に遭うことも!

 

論! 公式サイトで安全に仲良く視聴しよう!

 

映画【クリーピー 偽りの隣人】の作品概要

映画【クリーピー 偽りの隣人】の感想

 

最後は少しダレますが、緊張感あふれるストーリーと巧みな配役陣で面白い作品となっている。

 

香川照之のぎりぎりの演技がすごい。それ以上やりすぎるとコントになるというぎりぎりで、強烈な「変」を作り出している。香川のサイコに引きずられて、西島もその他も「変」になっていく妙な緊張感もいい意味で気持ち悪い。だらだらと続くストーリーにはメリハリがなく、だらだらとその「変」に付き合わされていくうちに、客はどんどんとその気持ち悪さに引きずり込まれる。サイコ野郎だけでなく誰もがその「変」を心の内に抱えて、隣人とのつながりをねじれさせていくという「気持ち悪さ」が主題だと思うのだけど、ストーリーのテンポの悪さもその「気持ち悪さ」に合っていて、気持ち悪さが気持ちよかった。
その「気持ち悪さ」を楽しめない人には最低な映画だと思う。観る人を選ぶ映画だ。

 

CUREと回路を鑑賞した際は黒沢映画の良さが正直解りませんでした。話の密度と演技の素人クサイ感じが退屈というかマッチしてない、自分には合わない作品と作家だと。
その先入観有りきで心に壁を造って観た本作クリーピーですが、かなりの傑作でした。
まず、取調室から踊場の展開で爆笑させてもらったあの場面。警察の無能っぷりを事前に示して置くことで、後々彼らが普通は出るべきであろう展開場面でも登場させない理由づけが成功しています。来ねえよあいつら公務員だし馬鹿だから、と自然と観客に思わせることで客観的無理を無効化してます。
主人公ら事件を俯瞰する側と香川竹内等の犯人側の演技をそれぞれ棒読みと饒舌な演技にニブンすることで主人公と3人と食事での距離感が相当上手く出ていたと思います。
あとは、鍵の場面、あそこはゾワ〜って、主人公の殺気がここまで伝わってきてトリハダたちました。
最後は微妙な締め方だったかなと思いましたが、おおよそ2時間はすごい面白かったです。
黒沢清監督、今まで馬鹿にしててホントごめんなさい。

 

無機質な被写体の質感に込められた黒沢清の変わらぬ倫理性

思えばあの傑作「地獄の警備員」で給湯室前のビニールのカーテンの質感にヒッチコック「サイコ」にも通じるような凶々しい事態への想起に憑りつかれてから30年近く黒沢恐怖映画を追いかけてきました。

本作でも一見何の変哲もない戸建ての内部がまるで「エイリアン」の宇宙船内部に通じているかのような凝った異空間に誘われ、その無機質でありながらも生々しい質感にいつ何が起きてもおかしくない不安に絶え間なく襲われます。

タイトルとその存在から既に香川照之が犯人なんて言わずもがなですが「地獄の警備員」の富士丸(松重豊)と同じく私たちに犯人の行動体系の意味など明確にはしてくれません。

むしろ最初から社会の記号的図式への依拠を拒絶して純粋なくらい徹底的に空っぽ状態なのです。理由も動機づけもその気なればいくらでも展開に盛り込みようもあろうにその「説明」にしかならない所業一切に背を向けた中から生み出した虚構性に痺れっぱなしでした。

映画が単純に映画であることが益々困難になる時代、黒沢清が無機質な被写体の質感に込めたような30年間変わらぬ映画への飾らぬ想いにひたすら感動するばかりです。

 

Yahoo!より

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました