2019 PG-12

笠松将主演映画【花と雨】のフル動画を無料視聴!スマホiPhoneでダウンロード!

この記事は約10分で読めます。

笠松将主演映画【花と雨】のフル動画を無料視聴!スマホiPhoneでダウンロード!

ヒップホップ界のレジェンド・SEEDAのリリックと俳優・笠松将の才能が響きあう作品といえば、笠松将主演映画【花と雨】ですよね!

今日は映画【花と雨】無料で見る方法について調べてみました!

結論からいうと、映画【花と雨】を無料で視聴するなら公式動画配信サイトU-NEXTがベストの選択でした!
本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイト他各動画配信サイトにてご確認ください。

無料トライアルがある動画配信サイト【U-NEXT】に登録すれば、

初回登録でプレゼントされるポイントを使って

今すぐ無料で映画【花と雨】を見ることができるよ〜

笠松将主演映画【花と雨】を無料で観られるU-NEXTって何?

 

映画【花と雨】が無料で観られるU-NEXTってどんなサイト?

アヤしくないの?

まぁ、わかるけどね・・・。

じゃあ、U-NEXTについてもう少し詳しく説明イタシマショ〜!

U-NEXTで配信中の作品

映画【花と雨】は視聴するのにポイントが必要な作品ですが、登録でもらえる円分のポイントを使用すれば無料で観ることが可能です!

U-NEXTの無料トライアルを体験済みの場合

 

すでにU-NEXTの無料トライアルを利用済みで、どうしても映画【花と雨】を無料で観たいという人にも、別の動画配信サービスの無料トライアルっていう手段が残されている可能性があります!

早速、映画【花と雨】がどのサイトで配信されているか観てみよう!

△ = 有料配信 × = 配信なし
サービス名配信状況お試し期間
U-NEXT
Hulu×
TELASA
Paravi×
FODプレミアム△(ポイント利用可)
Abemaプレミアム×
amazonプライム
dTV
TSUTAYA TV
TSUTAYA DISCAS

※2020年9月調べ 最新情報は各動画配信サイトでご確認ください。

U-NEXT以外でもその他のサービスを利用すれば映画【花と雨】を今すぐ見られるよ!

TELASA

TSUTAYA TV

無料トライアル期間が終わると、自動更新されて有料での利用がスタートします。
もしも無料期間だけで解約するときはお試し期間中に解約するのをお忘れなく!

笠松将主演映画【花と雨】は動画アップロードサイトで見れない?

動画といえば、動画アップロードサイトをイメージするかも知れませんが、テレビ、映画などの映像作品は公式サイトを利用しないと罪に問われる危険性がありますから、注意です!

 

違法にアップされた動画をダウンロードしても刑罰の対象になります。

 

違法アップロードサイトでは詐欺被害やコンピューターウイルス感染被害に遭うことも!

 

論! 公式サイトで安全に仲良く視聴しよう!

 

笠松将主演映画【花と雨】の作品概要

笠松将
大西礼芳
岡本智礼
中村織央
光根恭平
つみきみほ
松尾貴史
高岡蒼佑
花沢将人
Max

笠松将主演映画【花と雨】の感想

 

花と雨が流れる瞬間鳥肌が立つの間違いなし。
まだ上映開始して1週間しか経ってないのに席がスカスカ…わかってる人しかいない感じ。花と雨と聞いてピンとくる人は間違いなく楽しめる作品だと思います。

 

ラップとは無数の言葉によって紡がれるリリシズムだ
そしてこの映画はそれを、本来はラップを構成している筈の言葉たちを削ぎ落とした画面で伝えようとしている
映像作家として名高い作者の初映画監督作として、自身にしか成し得ないアプローチを試みようという気概を感じた

SEEDAというラッパーはアルバム「花と雨」で日本のアングラ・ヒップホップ界のヒーローとなった
起承転結の優れた名盤だが、この作品でもそれをなぞっている事、笠松将の常に無数の言葉たちを内に抱え込んだ演技に胸を打たれた
ヒップホップに詳しくない人にも観てほしいと思った

 

土屋監督の存在を私は存じ上げていなかった。
映像作家なのか・・・本当にSEEDAのアルバムを聴いたのか??
と勘ぐっていたが制作陣の中にサイバーエージェント代表取締役の藤田氏の名前を見つけ、ひとまず安堵した。

藤田氏といえば大のSEEDAファンで著書の「起業家」や自身のブログでもSEEDA氏について書いていた覚えがある。
私自身も渋谷のIT企業に勤めている身なので、藤田氏の動向はいつもチェックしているが本当にHIPHOPが好きなんだなと感じている。

長い前置きとなったが、上映が始まると一瞬で土屋監督の世界観に惹きこまれることになった。
まず驚いたのは土屋監督の映像とSEEDA氏の音楽の整合性の高さ。そこから生まれる効果で映像が音楽を引き立て、音楽が映像を引き立てていた。
さらにはそこから波及して本当に音楽のアルバムを聴いているかのような感覚が徐々に広がっていく感じがした。

聴きなれたはずのSEEDA氏の音楽が初めて映像と融合し、全くの別物に聞こえ、序盤から胸が躍った。
土屋監督疑ってごめんなさい。この映像はアルバムを聴きこまないと導き出せないです。

あ、この人は〇〇氏をモデルにしてるんだな。とちょっと詳しい方であればすぐに連想できるようなシーンや、笠松将氏が演じる「吉田」が
本当にSEEDAっぽいと感じるシーンが多かった。 「あ、これも相当聴いてるな~」
特にラップを歌うシーンでは途中、歌いまわしがSEEDA氏を思わせ、似て聴こえるシーンが多々あり笠松将氏の練習量が垣間見え、その役者魂に胸を打たれた。

脚本の部分もSEEDA氏の楽曲のリリックを思わせるシーンが多く、見ていて本当に面白かった。
「あ、ここはあの曲のあのリリックを映像にしてるんだな!」という感動があった。
特に吉田と別所が絡むシーンは特に響いた。後に日本のHIPHOP業界をスキルで牽引していく2人だったから。

赤の描写が特に美しく、途中「花と雨」のCDジャケットを連想させるような描写があった。
北野武監督が青にこだわっていて「キタノブルー」と呼ばれるのと同じく、土屋監督の赤へのこだわりを強く感じた。
10年以上聴き続けてきたSEEDA氏の心情がひとつの芸術作品で具現化されたとき、今まで気になっていたことがわかったような気がして深く感動した。

この作品はSEEDA氏を知っている人はもちろん楽しんで観てもらえると思うが、一緒に観に行った私の彼女も色彩、ストーリーに感動していたので
HIPHOPの「ひ」の字も知らない女性でもこの映像美に酔いしれることになるだろう。そして一人の不器用な若者が
幾多の苦難やストラグルを乗り越え、ラッパー、詩を紡ぐアーティストとして成長していく物語を、この映画をみて欲しい。

最後に・・高岡蒼佑氏、あの人の役だったか、、、やられた、、、

 

やはり笠松将が良い。雨もカメラも編集も好みだ。ただ彼の声を匂わせつつ、溜め、それらを重ね過ぎたかとは思う。

過信と挫折は描かれていた。でもその先の光はわずかだった。

ようはもっとラップが欲しかった。満腹にならずとも腹八分くらいは。でも半分もくれなかった。クールっちゃクールか。

路地裏を歩く二人がクライマックスとなった。

Yahoo!より

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました