2019 邦画

映画【空母いぶき】の無料フル動画!iPhoneスマホでダウンロード視聴!

この記事は約7分で読めます。

空母いぶき映画の無料フル動画

 

ポコ

空母いぶきのフル動画を観たいなぁ・・・

映画空母いぶきのフル動画をいますぐ無料視聴!
映画空母いぶきのフル動画は「U-NEXT」で無料で配信されています。
視聴にはポイントが必要ですが、初回登録の特典として登録時にポイントがもらえますので、ポイントを利用すれば無料でフル視聴することができます!

※本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイト他各動画配信サイトにてご確認ください。※見放題期間は登録後31日間ですが、ポイント作品は視聴期間が別に設定されています。

空母いぶきのフル動画無料視聴はここで!

ポコ

空母いぶきを無料でフル視聴するならU-NEXTがオススメ

U-NEXTは初回登録のときに、ポイントがもらえるから、今すぐ無料で空母いぶきを見るなら、U-NEXTが一番お得なんですね。

 

※無料トライアル期間終了日の翌日が属する月から月額料金が発生します。

初めての登録でU-NEXTのサービスが31日間無料体験できる!

600円分のポイントももらえるので、ポイントが必要なサービスも600円分無料で体験可能!

映画「空母いぶき」の動画視聴はやっぱりU-NEXTがいいんです!

映画「空母いぶき」をポイントで無料フル視聴するならU-NEXTがオススメだよ!

 

 

どうしてU-NEXTがいいの?

 

もうちょっと聞かせてよ。

 

 

U-NEXTで配信中の作品

配信状況は2020年3月現在のものです。

見出しをクリックすると作品が表示されます。

 

空母いぶきの配信状況を確認

ポコ

念のため、空母いぶきの配信状況を調べたよ

レンタル配信ポイント配信はそれぞれのVODサービスによって呼び名が違うだけで、ほぼ同じだと思ってください。レンタル配信もポイント配信も視聴には基本料金以外にポイント=お金がかかります。

サービス名        配信状況         お試し期間  
U-NEXT

Hulu

Paravi

FOD
プレミアム

Abema
プレミアム

amazon
プライム

dTV

TSUTAYA
TV

TSUTAYA
DISCAS

※2019年12月調べ 最新情報は各動画配信サイトでご確認ください。※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

 

ポコ

空母いぶきが無料で見られるのは、プレゼントポイントを使えるU-NEXTなんだね〜

 

継続利用を希望されない場合は、お試し期間中に解約すれば、基本料金はかかりません。

 

公式動画サイトの○な部分と違法アップロードサイトの×なところ

誰かネットに動画をあげてないかな?

 

違法アップロードサイトってやっぱり怖い

公式動画サイトが安心・安全!

当サイトでは映像作品のネット視聴には公式サイトの利用をオススメしています

公式動画サイトの方がオススメな理由はコレ

空母いぶきの作品概要

予告動画

作品紹介

見どころ

かわぐちかいじの人気コミックを超豪華俳優陣の共演で映画化したポリティカルサスペンス超大作。

未曾有の危機に直面した日本が迎える24時間を緊迫感たっぷりに活写する。

作品紹介

20XX年。

波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、海上自衛隊は航空機搭載型護衛艦・いぶきを旗艦とする第5護衛隊群に出動を命じる。

現場水域周辺でのミサイル攻撃や突如出現した敵の空母艦隊を前に、隊員たちは想定を越えた戦闘状態に突入していく。

※U-NEXT作品ページより

原作

ポコ

空母いぶきの原作はかわぐちかいじさんの同名コミックです

キャスト・スタッフ

出演

  • (秋津竜太)西島秀俊
  • (新波歳也)佐々木蔵之介
  • (本多裕子)本田翼
  • (田中俊一)小倉久寛
  • (瀬戸斉昭)玉木宏
  • (淵上晋)戸次重幸
  • (迫水洋平)市原隼人
  • (有澤満彦)堂珍嘉邦
  • (藤堂一馬)片桐仁
  • (岡部隼也)和田正人

監督

若松節朗

 

 

アマゾンでの空母いぶきのレビューは?

もし、近隣国が突然日本の領土に軍事侵攻を始めたら…という軍事外交上の危機的シナリオ(一般国民の半分は危惧さえしていないが)をベースに作られた物語。原作は読んでいないが、近年特に日本人に突き付けられている大きな課題を題材にしている。島国である日本はその領海とEEZ:排他的経済水域をして主権の及ぶ範囲としているが、尖閣諸島や竹島、北方領土など、近隣国との係争になっている地域も少なくない。その境界域の小島に武装集団が上陸し、我が国の領土が占領されてしまう。すぐさま海上自衛隊の第5護衛隊群が現地に派遣されるが、敵の勢力も武力で対抗、激しい戦闘となっていき、初の防衛出動が発せられる….日本は専守防衛:相手から武力攻撃を受けた時初めて防衛力を行使できるとしており、非常に制約が多く、他国からの攻撃があった場合、応戦するにも政治的な判断を必要とするため即応できない。このような制約の中で、侵略に対してどう対処するのか、攻撃に対してどう対処するかなど、自衛隊であるが故の難しい判断を迫られることになる。この映画の描く自衛隊は、その緊迫したさ中でも専守防衛を旨とし限りある選択肢の中で最善を尽くし、日本の領土や人命を守る最大限の努力をしており、国民の誰一人も戦争による死者を出してはならないという言葉に観ていて胸が熱くなった。
そして、自衛隊は何のためにあるのか、どう行動すべきなのかと、その存在自体に対する多くの問いかけをこの映画は投げかけているのだ。中国の海洋進出、北朝鮮の核の脅威など、現実的な課題が山積している現在の日本の状況への解をこの物語は求めているのだろうと思う。憲法9条とは、自衛隊とは、専守防衛とは、そして日本はこのままの在り方で、この先も主権国家として存続し続けられるのだろうかと民間人ながら考えずにはいられない。

有事の際に自衛隊はどうあるべきなのか
かわぐちかいじのメッセージ性を存分に味わえる大作です、キャストが皆はまりすぎで
最高。

人から勧められて観たけどとても良かったです。
知人に自衛隊関係者の方がいらっしゃるので感情移入してしまいました。緊張と緩和のバランスも良かったと思います。

Amazonより

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました