2000年代 邦画

映画【踊る大捜査線ザ・ムービー2/レインボーブリッジを封鎖せよ!】のフル動画を無料視聴!

この記事は約9分で読めます。

映画【踊る大捜査線ザ・ムービー2/レインボーブリッジを封鎖せよ!】のフル動画を無料視聴!

映画を知らなくても、みんなが知っているあの名ゼリフ「レインボーブリッジ、封鎖できません!」で有名な映画作品が、映画【踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!】ですよね!

今日は劇場版【踊る大捜査線 THE MOVIE 2】無料で見る方法について調べてみました!

結論からいうと、劇場版【踊る大捜査線 THE MOVIE 2】を無料で視聴するなら公式動画配信サイトFODプレミアムがベストの選択でした!
本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況は FODプレミアムサイト他各動画配信サイトにてご確認ください。

無料トライアルがある動画配信サイト【FODプレミアム】に登録すれば、

今すぐ無料で劇場版【踊る大捜査線 THE MOVIE 2】 を見ることができるよ〜

映画【踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!】 を無料で観られるFODプレミアムって何?

劇場版【踊る大捜査線 THE MOVIE 2】 が無料で観られるFODプレミアムってどんなサイト?

アヤしくないの?

まぁ、わかるけどね・・・。

じゃあ、FODプレミアムについてもう少し詳しく説明イタシマショ〜!

FODプレミアムで配信中の人気作品

配信状況は2020年3月現在のものです

FODプレミアムの無料トライアルを体験済みの場合

 

すでにFODプレミアムの無料トライアルを利用済みで、どうしても劇場版【踊る大捜査線 THE MOVIE 2】 を無料で観たいという人にも、別の動画配信サービスの無料トライアルっていう手段が残されている可能性があります!

早速、劇場版【踊る大捜査線 THE MOVIE 2】 がどのサイトで配信されているか観てみよう

 

△ = 有料配信 × = 配信なし
サービス名配信状況お試し期間
U-NEXT×
Hulu×
TELASA
Paravi×
FODプレミアム
Abemaプレミアム×
amazonプライム
dTV
TSUTAYA TV
TSUTAYA DISCAS

※2020年8月調べ 最新情報は各動画配信サイトでご確認ください。

FODプレミアム以外でもその他のサービスを利用すれば劇場版【踊る大捜査線 THE MOVIE 2】 を今すぐ見られるよ!

TELASA

無料トライアル期間が終わると、自動更新されて有料での利用がスタートします。
もしも無料期間だけで解約するときはお試し期間中に解約するのをお忘れなく!

映画【踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!】 は動画アップロードサイトで見れない?

動画といえば、動画アップロードサイトをイメージするかも知れませんが、テレビ、映画などの映像作品は公式サイトを利用しないと罪に問われる危険性がありますから、注意です!

 

違法にアップされた動画をダウンロードしても刑罰の対象になります。

 

違法アップロードサイトでは詐欺被害やコンピューターウイルス感染被害に遭うことも!

 

論! 公式サイトで安全に仲良く視聴しよう!

 

映画【踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!】 の作品概要

織田裕二(青島俊作)/柳葉敏郎(室井慎次)/深津絵里(恩田すみれ)/水野美紀(柏木雪乃)/ユースケ・サンタマリア(真下正義)/いかりや長介(和久平八郎) 他

映画【踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!】 の感想

 

王道エンターテインメントの最高峰

予定調和と言えば、予定調和ですが、
ここでこうなって欲しいという大衆の願望が見事に実現され、圧倒的な爽快感を生み出した作品。

スケールの大きさ
和久さんの最後の台詞
今までの集大成のようなストーリー
犯人との対峙の際に流れる、感動的なBGM
ファイナル的なカタルシスはむしろファイナルよりこっちにあります。

映画マニアな方々は予定調和は嫌うので、そういう人達に低評価なのはわかります。
ただ、矛盾点がこれだけある、だから駄作なんだという論調には同意しかねる。
もちろん矛盾が無いに越したことはないが、変にそこを意識しすぎると小さくまとまって無難な作品になってしまいます。
むしろそこを重視しなかったからこそ、勢いのある作品が生まれ、日本実写映画No1へと繋がったのでしょう。

多くの矛盾点を抱えながら、No1とも言える人気になった作品は他にもあります。
そう、ドラゴンボールです。あれ、矛盾点の宝庫です。でも、すごく面白いですね。
面白さは理屈じゃないってことです。

最後に、
数字が全てじゃない。だが宣伝だけで数字は取れない。
大きく宣伝されたもののヒットしなかった数多くの作品がその証明です。
間違いなく言えることは、大ヒットしている作品はすべからず宣伝されているということです。(ほんの一部例外があるかもしれませんが)
宣伝された作品のうちのほんの一握りが、本当の意味で大ヒットする。それだけの話。

 

TVシリーズを映画化するとスケールだけ大きくなる映画が多いが、まあそれも良いがこの映画は登場する人物をTV以上に描写を丁寧にし完璧なドラマに仕上げている。2時間以上ある長編ではあるが飽きることなく十二分に楽しめた。織田裕二が楽しそうに演じている。彼のいい顔が観れる映画の一本である。

 

ぎばちゃんが言っていた、
「責任はとる。それが私の仕事だ。」
というのがめちゃめちゃかっこよかった。

 

最初に客船を舞台にした湾岸署対SATの訓練、抜群のチームワークで勝ってしまう湾岸署。
いきなりSATが勝つカッコ良いリアルよりも面白い嘘を優先させる踊るらしさを感じる。

対照的に「事件は現場で起きてるんじゃないの。事件は会議室で起きているのよ。」と言い切る沖田管理官。
散々CMなどで流しているとはいえ知らなければ何の事やら・・・
今まで踊るを見てた人には良いがたまたまこれだけ見た人には少し不親切かな。

ストーリーは刑事の仕事にもマンネリを感じ始めた青島が初心を思い出し殺人事件の容疑者を追う話。
リーダーを持たない犯人グループと命令の鎖に縛られた警察組織
所轄の人員を使い捨ての駒としか扱わない沖田管理官と所轄との協力体制を望む室井管理官
二つの対比が肝。

所轄の追ってる事件を無視し「所轄の仕事なんてやらなくていい」と言う沖田管理官との対立もTVシリーズへの原点回帰でしょうか?
この辺りも劇場版1作目より踊るらしく感じるので好きです。

Yahoo!より

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました