1980年代 邦画

大林宣彦映画【時をかける少女】の無料フル動画!スマホでダウンロード視聴!

この記事は約10分で読めます。

大林宣彦映画「時をかける少女」の無料フル動画!スマホでダウンロード視聴!

こーん

原田知世主演の「時をかける少女」のフル動画を観たいなぁ・・・

ポコ

まかせておいて〜!

ボク、原田知世主演の「時をかける少女」を今すぐ無料で見る方法、知ってるよ〜!

大林宣彦監督映画「時をかける少女」のフル動画は「U-NEXT」で無料で配信されています。

こーん

U-NEXTで原田知世主演の「時をかける少女」を観るには有料のポイントが必要なんでしょ?

ポコ

ううん。原田知世主演の「時をかける少女」は見放題作品だから登録だけで今すぐ無料でフル視聴できるんだよ!

しかも初回登録の特典で【ポイント】がもらえちゃうから、プレゼントポイントを利用して好きな作品が観れちゃうよ〜!

こーん

じゃあ、今登録すれば、今すぐ原田知世主演の「時をかける少女」を無料で見ることができるんだね!

本ページの情報は2020年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイト他各動画配信サイトにてご確認ください。※見放題期間は登録後31日間ですが、ポイント作品は視聴期間が別に設定されています。

▼▼その他の関連作品

大林宣彦監督映画「時をかける少女」の配信状況を確認

こーん

”原田知世主演の「時をかける少女」って他にもみられるサイトがあるのかなぁ・・・?”って気になったから、他のVODサービスの配信状況も調べたよ

サービス名配信ありなしお試し無料期間
Hulu

Paravi

FOD
プレミアム
見放題無料

Abema
プレミアム

U-NEXT 見放題無料

Amazon
プライム
見放題無料

dTV

TSUTAYA
TV
ポイント配信プレゼントポイント利用可能

TSUTAYA
DISCAS
宅配レンタル無料ネット環境不要で無料視聴OK!
ポコ

無料お試し期間が終わったら、通常の月額料金で自動更新になるけど、継続して見るつもりがなければお試し期間中に解約すればOK!

基本料金はかからないんだよ〜!

※2020年4月調べ 最新情報は各動画配信サイトでご確認ください。

大林宣彦監督映画「時をかける少女」の動画視聴はやっぱりU-NEXTがいいんです!

ポコ

原田知世主演の「時をかける少女」を無料でフル視聴するならU-NEXTがオススメ

どうしてU-NEXTがいいの?

 

もうちょっと聞かせてよ。

 

 

U-NEXTで配信中の作品

配信状況は2020年3月現在のものです。

見出しをクリックすると作品が表示されます。

公式動画サイトの○な部分と違法アップロードサイトの×なところ

誰かネットに動画をあげてないかな?

 

違法アップロードサイトってやっぱり怖い

公式動画サイトが安心・安全!

当サイトでは映像作品のネット視聴には公式サイトの利用をオススメしています

公式動画サイトの方がオススメな理由はコレ

U-NEXTでは大林宣彦監督映画「時をかける少女」を無料で配信中です。

大林宣彦監督映画「時をかける少女」の作品概要

筒井康隆のジュブナイル小説を映画化。原田知世のスクリーンデビュー作

作品紹介

見どころ

時間を超える能力を手にした少女の不思議な体験と、淡く悲しい恋を描く青春ファンタジー。主題歌も原田が歌い、“アイドル映画”としての評価も高い。

監督・大林宣彦の出身地、広島県尾道市でロケで行い、「転校生」「さびしんぼう」とあわせ、“尾道三部作”とファンが名づけた。

ストーリー

時間を超える能力を手にした少女の不思議な体験と、淡く悲しい恋を描く青春ファンタジー。主題歌も原田が歌い、“アイドル映画”としての評価も高い。女子高生の和子は、理科の実験室にあった白い液体の匂いを嗅いだ途端、意識を失って倒れてしまう。それ以来、時間の感覚が狂ったように感じる体験をした彼女は、クラスメートの吾朗に相談するが、一時的な超能力だとなだめられて…。※U-NEXT作品ページより

出演

(芳山和子)原田知世
(深町一夫/ケン・ソゴル)高柳良一
(堀川吾郎)尾美としのり
(深町正治)上原謙
(芳山哲夫)内藤誠
(神谷真理子)津田ゆかり
(福島利男)岸部一徳
(立花尚子)根岸季衣
(芳山紀子)入江たか子

監督

大林宣彦

Yahoo!映画での大林宣彦監督映画「時をかける少女」のレビューは?

原田知世より2歳年上の私世代にとっては観るたびに胸がしめつけられる名作中の名作であり、とても大切な作品です。
若い世代からはCGの質が云々とのご意見もありますが、これはCGではありません。
これは手作りの特撮なんです。この時代はこれが精一杯だったんです。
しかしこの手作り特撮が作品の足をひっぱっているかといえば全く逆で、物語の叙情性に彩りを添えるのに一役も二役もかっているのです。
これを最新CGに置き換えようものなら、逆に嘘くさい作品になってしまうでしょうね。
あとご指摘の多い「棒読み」ですが、これは監督の意図であえてそうしているのです。
この作品でリアリズムを追求することには何の意味も無いからです。
それは、この作品が「愛の予感のジュブナイル」だから。
これは、この時代を経験した者にしか分からないのかもしれませんね。
でも、特撮はともかくこの時代の空気感は本当にこうだったんですよ!

私はこの映画を映画館で3回観ましたね。
多分、大人になってからだと それほど感動はしなかっただろうが、80年代の前期はまだ純粋な少年少女が多かったから大ヒットしたんだろうな。尾道や竹原の風景のノスタルジックさと青春期の切なさが心をぐっと掴んだんでしょうね。
この物語の登場人物に悪い人が1人も出ない。脇役でちょくちょく出てくる神谷真理子はおそらく堀川吾朗を好きなのだが、芳山和子との幼なじみの関係の間に入っていけず、ひたすら堪えてる。
今どきの脚本なら神谷がヒール役にされてるだろうな。深町を演じる高柳さんの棒読みがよく批判されてるけど、実はこの棒読みは60年代の映画にはこの喋り方だったらしく、大林監督は気に入ってのこと。ただ、堀川吾朗の役やってた尾美としのりは子役からの出で既にベテランだった為、自然の演技が出来てたんだと。まぁ今の子が観たら不自然だし、特撮も古いので違和感だらけだろうな。
私の今回の評価は当時の気持ちです。

大切な邦画を問われたら、大林監督の尾道三部作
を挙げる。
そのなかでも「時をかける少女」は特別である。
手造り感溢れる特撮。
SFXというより特撮という言葉が似合うアナログ感
がなにより魅力。
4KのScanningでBlu-rayだと、やはりブルースクリーンの境目が粗く見えてしまう。
この作品はフィルムの魔法が似合うのかも。

初恋。
これほどまでに胸をくすぐり、熱くし、
過去へと足音が遠のいていく。
カーテンコールも含め、大林監督と原田知世さん
のささやかな宝石のような映画。

Yahoo!映画より

コメント

タイトルとURLをコピーしました