2000年代 た行 洋画

映画【トランスフォーマー1】のフル動画を無料視聴!スマホで配信ダウンロード!

この記事は約13分で読めます。
映画【トランスフォーマー1】のフル動画を無料視聴!スマホで配信ダウンロード!

マイケル・ベイ×スティーヴン・スピルバーグで実写映画化した作品第1弾といえばマイケル・ベイ監督映画【トランスフォーマー】ですよね!

今日は映画【トランスフォーマー】無料で見る方法について調べてみました!

結論からいうと、映画【トランスフォーマー】を無料で視聴するなら公式動画配信サイトU-NEXTがベストの選択でした!
本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイト他各動画配信サイトにてご確認ください。

無料トライアルがある動画配信サイト【U-NEXT】に登録すれば、

今すぐ無料で映画【トランスフォーマー】を見ることができるよ〜

マイケル・ベイ監督映画【トランスフォーマー】を無料で観られるU-NEXTって何?

 

映画【トランスフォーマー】が無料で観られるU-NEXTってどんなサイト?

アヤしくないの?

まぁ、わかるけどね・・・。

じゃあ、U-NEXTについてもう少し詳しく説明イタシマショ〜!

U-NEXTで配信中の作品

映画【トランスフォーマー】は見放題無料の作品なので、登録でもらえる円分のポイントは他の作品を見るのに使えます

U-NEXTの無料トライアルを体験済みの場合

 

すでにU-NEXTの無料トライアルを利用済みで、どうしても映画【トランスフォーマー】を無料で観たいという人にも、別の動画配信サービスの無料トライアルっていう手段が残されている可能性があります!

早速、映画【トランスフォーマー】がどのサイトで配信されているか観てみよう!

△ = 有料配信 × = 配信なし
サービス名配信状況お試し期間
U-NEXT
Hulu
TELASA
Paravi×
FODプレミアム×
Abemaプレミアム×
amazonプライム
dTV
TSUTAYA TV
TSUTAYA DISCAS

※2020年9月調べ 最新情報は各動画配信サイトでご確認ください。

U-NEXT以外でもその他のサービスを利用すれば映画【トランスフォーマー】を今すぐ見られるよ!

Hulu

TSUTAYA TV

無料トライアル期間が終わると、自動更新されて有料での利用がスタートします。
もしも無料期間だけで解約するときはお試し期間中に解約するのをお忘れなく!

マイケル・ベイ監督映画【トランスフォーマー】は動画アップロードサイトで見れない?

動画といえば、動画アップロードサイトをイメージするかも知れませんが、テレビ、映画などの映像作品は公式サイトを利用しないと罪に問われる危険性がありますから、注意です!

 

違法にアップされた動画をダウンロードしても刑罰の対象になります。

 

違法アップロードサイトでは詐欺被害やコンピューターウイルス感染被害に遭うことも!

 

論! 公式サイトで安全に仲良く視聴しよう!

 

マイケル・ベイ監督映画【トランスフォーマー】の作品概要

マイケル・ベイ監督映画【トランスフォーマー】の感想

 

ロボットたちが車などに変形したり、街中での戦闘シーン、米軍たちの活躍、主人公サムが買った愛車がロボットなってそこから戦いに巻き込まれながら、より勇敢な男になっていく成長物語でもあります。

無理だと思われていた巨大ロボットの実写映像を見事に再現してて、戦いやストーリーもかっこよく、おもしろく書かれてて最高でした、初めて見た時の衝撃が忘れられません。

トランスフォーマーは最高の映画でした。

 

映画館で初めて観た時のとてつもない衝撃が今も忘れられない思い出深い作品である。
まさか生きているうちに巨大変形ロボットの実写化映像を見られるとは夢にも思わなかった。
オプティマスプライムの初変形シーンには神々しさのようなものすら感じ、涙と興奮が止まらなくなってしまった。
CGによる巨大ロボットが登場する映画はこの映画以前には、合成まる出しのCGの塊がぎこちなく殴り合う実写版の「鉄人28号(2004)」ぐらいしか無かったので
(映画業界もまともに実写で映像化できるジャンルではないとずっと思っていたという証拠である)
なおさらその衝撃は凄かった。

更にそれだけではなく、日本のロボットアニメとは一線を画す複雑で生物的・有機的なメカデザインと野生生物のように荒々しく動き回るメカアクションも斬新で衝撃的だった。
(日本のオタク界隈から「ロボットモノの美学をわかっとらん!」」という声が少なからずあったが、 このシリーズにおいてトランスフォーマーたちは金属生命体のエイリアンであることが強調されていてロボット映画であると同時にエイリアン映画であることも忘れてはいけないと思う。
それに原作のアニメシリーズではスタイリッシュの欠けらも無いワチャワチャして喧嘩じみた戦闘シーンが多いので立派な原作再現だったりするのだ)

ハリウッド映画の映像表現に求められるハードルを一段上げた感すらある革命的な映像の一方で、ストーリーがいいかげん・大雑把・滅茶苦茶と言われるのもこのシリーズの特徴で実際その通りなのだが・・
トランスフォーマーとしてはそれが正解なのだ。
実写映画の原作・元ネタにもなっているトランスフォーマーのアニメシリーズは
1話20分の間に物凄い勢いで連発される超展開、
頻発する作画ミス、何でもかんでもとりあえず爆発、
無駄にたくましくて強い人間のキャラクター、
正義の軍団がやけに口が悪くて言動が過激な一方で悪の軍団が間抜けで愛嬌があるというギャップ、
放送事故寸前の吹き替え声優陣のとんでもないアドリブ
・・等々の要素でネタ満載の笑えるコメディアニメとしてファンに愛されている側面も大きいので、勢いと爆発とギャグが全てでいいかげん・大雑把・滅茶苦茶な作風のマイケル・ベイが監督なのはピッタリな人選なのである。
アニメの設定・キャラクター・お約束ネタ(「まったくこのスタースクリームめ!」とか・・)をきちんと踏襲することで、アニメ・漫画の実写化作品にとって大きな課題となる「原作ファンを満足させる」をクリアして何だかんだでその後の続編も含めトランスフォーマーのディープのファンからの支持は厚い。
それでいてトランスフォーマーのファン以外の大勢の人々に届くように作られ結果的に世界中に知名度を広めファンをより増やしている。
トランスフォーマーのアニメシリーズはガンダムに匹敵する膨大な歴史がありながら、日本では若干マイナー扱いなのでその功績があまり知られていないのが少しばかり歯がゆく思う。
アニメシリーズは(特に初代の「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」が)いろんな意味でホントに面白いので配信サービスなどでぜひ観てみてね!

ちなみにトランスフォーマーは一時期、
玩具が変形が複雑すぎる・デザインがリアル感を重視し過ぎて気持ち悪いという歪な方向に進化したせいで売り上げがガク落ちして
アニメも暗い鬱展開に走り過ぎて人気がガク落ちして
市場そのもの全てが完全に息絶えそうになる危機に陥ったことがあるのだが・・
本作から始まった実写映画シリーズも続編を重ねるにつれてストーリーが暗い方向へと進んだことで人気が落ちて、第5弾の「最後の騎士王」の不振により大風呂敷を広げたままで打ち切りとなってしまった。
・・そんなところまで原作再現しなくてもいいのに(笑)

本来、単なる番外編にすぎなかったはずのスピンオフ映画「バンブルビー」(日本では来年公開予定)で立て直しを図ることとなったが果たしてどうなるか。
リアルな野生生物から変形する「ビーストウォーズ」とか
巨大な惑星から変形する「ユニクロン」とか
顔面だけに変形して他のトランスフォーマーと合体する「ヘッドマスター」とか
スーパーリンク合体とかマーベルヒーローとの共演とか
まだまだ映像化していない面白いネタがいくらでもあるので
まだまだいくらでも続けられる・・と言いたいところだが初心を忘れてファンムービーになり過ぎてもいけない。

「オモチャの物語をちょっとだけ大人向けにして大勢に届けたい」
そんな野心と初心が本作が成功した理由なのだから。

 

これを最初に見たとき、いよいよこんなのが出てきたのかと衝撃的だった。
こんなのが見たかった。しかし、誰も作らなかった。
オプティマス、バンブルビー。
シャイア・ラブーフ、ミーガンフォックス。
最初出た時はすごく新鮮だった。
話はどうなるかというと、おお、こうなってくるかという感でにんまり。
人物もよく描けていて、好感を覚えるし、感情移入しやすい。
ちょっといけておらず、すべりにすべっている主人公。
ほかの登場人物も、緊迫のシーンでへ?となることや失敗をするシーンなどあって、コケっとなるところがあります。
このすべり感がたまりません。
けれど、相手を思う心の細かいひだも描かれていて、ほろっと来るシーンもある。
この中に、着実に進む確かなストーリーがあって、知らぬ間に物語がトントンと進む。
そしてその間に、アクションシーンが満載。史上類を見ない映像の数々には、圧倒されるばかり。
もう感動と興奮しながら、はらはらどきどきさせられる。
これを見たときは、本当に感動しました。
この作品を作った作者はほんとうにエライ。
最高得点つけました。

 

このトランスフォーマーというタイトルの評価においてまず私が真っ先に思ったことは、これは大娯楽映画という事だ。
大娯楽映画という事はつまり、”深く考えずに楽しく観られるもの”だ。
そういうものとして観ることが大切だと思うのだが、感性はまあひとそれぞれでしょうね。
このトランスフォーマーで私がオススメしたいポイントは、、、、、

ロボットの変形音!
そしてくだらないギャグ。

いやあ、ベイ監督のロボットと乗り物への拘りは半端ではなかったことがメイキングを見て分かった。

特にハイウェイのカーチェイスシーンは鳥肌物。

ただ、こういう物に惹かれない方、若しくはストーリー重視で観てしまう人はきっとこのトランスフォーマーの評価は低くするでしょう。
良くも悪くも、私も最初の予告編でロボットの地球侵略的な物語かと勘違いしていた一人です。

結果的に、人によるという事です。
とりあえず私は好きです。

 

Yahoo!より

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました