1970年代 邦画

渥美清映画【八つ墓村】の無料フル動画!テレビやiPhoneスマホで視聴!

この記事は約9分で読めます。

八つ墓村/渥美清の無料フル動画

 

ポコ

八つ墓村/渥美清のフル動画を観たいなぁ・・・

映画八つ墓村/渥美清のフル動画をいますぐ無料視聴!
映画八つ墓村/渥美清のフル動画は「U-NEXT」で見放題無料配信されています。
初回登録の特典として登録時にポイントがもらえますがポイント不要で期限内無料見放題でフル視聴できますので、もらったポイントで別のポイント作品を視聴することができます!

※本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイト他各動画配信サイトにてご確認ください。※見放題期間は登録後31日間ですが、ポイント作品は視聴期間が別に設定されています。

八つ墓村/渥美清のフル動画無料視聴はここで!

ポコ

八つ墓村/渥美清を作品値段フル視聴するならU-NEXTがオススメ

U-NEXTは初回登録のときに、ポイントがもらえるし、今すぐ無料で八つ墓村/渥美清を見るなら、U-NEXTが一番お得なんですね。

 

※無料トライアル期間終了日の翌日が属する月から月額料金が発生します。

初めての登録でU-NEXTのサービスが31日間無料体験できる!

600円分のポイントももらえるので、ポイントが必要なサービスも600円分無料で体験可能!

映画「八つ墓村」の動画視聴はやっぱりU-NEXTがいいんです!

映画「八つ墓村」をポイントで無料フル視聴するならU-NEXTがオススメだよ!

 

 

どうしてU-NEXTがいいの?

 

もうちょっと聞かせてよ。

 

 

U-NEXTで配信中の作品

配信状況は2020年3月現在のものです。

見出しをクリックすると作品が表示されます。

 

八つ墓村/渥美清の配信状況を確認

ポコ

念のため、八つ墓村/渥美清の配信状況を調べたよ

レンタル配信ポイント配信はそれぞれのVODサービスによって呼び名が違うだけで、ほぼ同じだと思ってください。レンタル配信もポイント配信も視聴には基本料金以外にポイント=お金がかかります。

動画配信サービス配信状況無料日数
Hulu 見放題無料

Paravi 見放題無料

FOD
プレミアム
見放題無料

U-NEXT 見放題無料配信

お試し期間中見放題で無料視聴可

Amazon
プライム
レンタル配信

TELASA

※2019年12月調べ 最新情報は各動画配信サイトでご確認ください。※無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

 

ポコ

八つ墓村/渥美清がお試し期間中、見放題無料で見られるところは、たくさんあるんだね〜

だったらポイントで最新作も見られるU-NEXTがいいね〜

 

継続利用を希望されない場合は、お試し期間中に解約すれば、基本料金はかかりません。

 

公式動画サイトの○な部分と違法アップロードサイトの×なところ

誰かネットに動画をあげてないかな?

 

違法アップロードサイトってやっぱり怖い

公式動画サイトが安心・安全!

当サイトでは映像作品のネット視聴には公式サイトの利用をオススメしています

公式動画サイトの方がオススメな理由はコレ

八つ墓村/渥美清の作品概要

予告動画

作品紹介

見どころ

原作を大胆に脚色し、オカルト色を前面に押しだした異色の横溝映画。

懐中電灯を頭に巻き付けた山﨑努による大虐殺シーンは、トラウマ必至の強烈なインパクト。

作品紹介

尋ね人の呼びかけに応え、寺田辰弥は法律事務所を訪れた。

そこには亡母の父・丑松が辰弥を生まれ故郷の八つ墓村へ迎えにきていた。

だが、丑松はその場で謎の死を遂げる。

八つ墓村へ向かった辰弥は、そこで血にまみれた連続殺人事件に巻き込まれていく。

※U-NEXT作品ページより

原作

ポコ

原作は横溝正史さんの同名小説です

キャスト・スタッフ

出演

  • (金田一耕助)渥美清
  • (寺田辰弥)萩原健一
  • (森美也子)小川真由美
  • (磯川警部)花沢徳衛
  • (多治見要蔵・久弥)山崎努
  • (多治見春代)山本陽子
  • (多治見小竹)市原悦子
  • (多治見小梅)山口仁奈子
  • (井川鶴子)中野良子
  • (井川丑松)加藤嘉

監督

野村芳太郎

 

 

アマゾンでの八つ墓村/渥美清のレビューは?

子供の頃にCMで見ただけですが、それが怖くて怖くてトラウマに…と思って、ビクビクしながら観ました。

が、多分記憶がかなり改竄されてたらしく「祟りじゃ〜」のとことか、「あれ?こんなにアッサリした感じ?もっとおどろおどろしくなかった?(「たぁ〜〜たぁ〜〜り〜〜じゃぁ〜〜」くらいなイメージだったのに「たたりじゃあー!」とアッサリ(笑))」とか「ていうか、金田一耕助が渥美清⁈」「は?ショーケン⁈」「ん?この声、日本昔話のあの人⁈」
「この落武者、田中邦衛⁈」とか、どうでも良いとこにいちいち驚いてしまいました(笑)
大人の今は、まあ、普通にミステリーものとして見れました。(記憶の中ではホラーでした)
とはいえ、当時5歳くらいだったので、CMだけでもめちゃくちゃ怖かったのでしょうね。

とはいえ、本編がつまらないわけでもなんでもなく、この後の映画などに影響を与えていると思うと一度は見るべき映画。
まあ、1番怖いのはお化けでもなんでもなく欲望にまみれた生きてる人間ってことですね。

お亡くなりになった市川悦子さんの若いころのお姿を見たいと視聴。あいにく双子のお婆さんの役でした。怖かった。
昭和40年代生まれの私には、ただただ往年の役者さんたちが元気なお芝居をしている様子に引き込まれ、2時間半はあっというまでした。夏八木さん、田中邦衛さんの武者役も楽しめましたし、山本陽子さんもさすがの美しさ。
とりわけ注目してみたのが渥美清さんですが、知性を感じさせながらも人懐こさもある。抑制を効かせながら、映画の雰囲気には沿っている。特に初対面の人に話しかけるシーンでは、あの気安さと声のトーンとか、すごいもんだなと思いました。本当に寅さん以外のお芝居をもっと観たかったと改めて思いました。
あと、個人的に風間杜夫さんが好きなのでどんな役で出てくるのか心待ちにしてましたが、最後までどのシーンで出て来たかが分からなかった。エンドロールで役名から再生したところ確かに出演されてました。

金田一耕助シリーズといえば封建的な村社会を舞台に、そこに根付く土着信仰をモチーフにした見立て殺人や、欲望と業に支配された人間たちの醜い愛憎劇…と相場が決まっています。
しかし、そこは野村芳太郎監督。一筋縄でいくわけがありません。
犯罪阻止率ワースト1の名探偵・金田一耕助は、本作においてはもはやほとんど傍観者。面白いほど次々と人が死んでいきます。
フーダニットとして一応の決着はつけていますが、いかなる理由で犯人は陰惨な連続殺人に駆り立てられたのか?
その真相には驚愕(もしくは呆然と)すること必至です。

後に『震える舌』で幼い子供とその家族の闘病記を、強烈なトラウマホラーに仕立て上げてしまった野村監督の手腕はここでも冴えわたっています。
野武士惨殺シーンの狂乱は、おおよそ「文芸路線」の松竹映画とは思えないほどの一大スプラッター絵巻。
山崎努が満開の桜をバックに鬼の形相で駆けてくる有名なシーンは、映画史上に残る鮮烈な映像美の極致です。

ずらり揃った名優たちの名演・怪演を堪能しながら、ツッコミ入れつつ楽しむのが正しい観賞スタイルです。

Amazonより

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました